Android SDK更新したらLogCatで

「ビューを作成できませんでした: com.android.ddmuilib.logcat.LogCatPanel$13.(Lcom/android/ddmuilib/logcat/LogCatPanel;)V」

とか出てちとビビった(汗

グーグル先生に聞いてみたら、Eclipseを再インストールとかしか出てこなくてさらにビビった(汗(汗

ためしにcleanで起動したらあっさり治った。。

グーグル先生もあてにならんな。

★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額105円~容量最大30GB!WordpressやMovable Typeの簡単インストール付★

XREAからCORESERVERへ乗り換えすべく、ちょっとお試ししてます。

てか、完全に移行終わってあとは支払のみなんだけど。

以前、XREA→XREAで移行してるから同じような感じで行けるだろうという事で試してみました。

CORESERVERはXREAの上位プランなので基本的に同じ要領で行けたんですが、今回は移行するデータベースが複数あったのでちょっぴり手こずりました。

手順としては以下のような感じです。
このへんとか参考にしましたが、複数データベースの移行があってつまずいたので、ワシの手順をまとめました。)
※この手順は、ワシが実施した手順をもとに記述しています。うまくいかなくても保証しません。
 
 
1)CORESERVERの好みのプランを選択して登録

2)XREA側のCONTROL PANELでデータベースを保存してダンプファイルを作成

3)CORESERVERの管理画面にログインして"サーバー間コピー"を実行

4)CORESERVERのトップディレクトリに".servercopy.log"がある事を確認し、最後の方に"COMPLETE"のメッセージが表示されている事を確認

5)CORESERVER側にXREA側にあるデータベースと同じ名前のデータベースを作成

6)CORESERVER側のトップディレクトリにデータベースのダンプファイルがある事を確認

7)CORESERCERの管理画面の"データベース"から、復元するデータベースにチェックを入れて復元を実行
 ※このとき、一つ目のデータベース以外は復元出来ない場合があります。私の場合は復元が出来ませんでした。復元出来ない場合は以下の8、9、10の手順を実施してください。正常に復元出来た場合は11の手順に飛んでください。

8)XREA側でphpMyAdminをインストールしていた場合は、public_html/log/以下にphpMyAdminがコピーされてしまう。CORESERVER側でインストールしてもアクセス出来ない場合はphpMyAdminディレクトリごと一旦削除して、再度phpMyAdminをインストールする。(CORESERVER側でインストールしないと多分アクセス出来ない)
  ※public_html/log/以下に.htpasswdもコピーされてしまっているので、そのまま使用する場合はXREA側でのlogディレクトリのbasic認証パスワードになる。CORESERCER側の本来のパスワードを使用したい場合は.htpasswdを編集して修正する。(そもそも手順3の時にpublic_html/logディレクトリをコピーしなければこの作業は要らない)
  ※ちなみに"ページ入室の際はログ閲覧画面の認証パスワード"に記載されているユーザー名とパスワードはbasic認証の情報であり、phpMyAdminのID、パスワードはデータベースの設定と同一の物になる。(2重にログインするのでややこしい)

9)XREA側のphpMyAdminから移行するデータベースのテーブルをエクスポートし、CORESERVER側のphpMyAdminにログインして、インポートするデータベースを選択し、SQLタブを選び、エクスポートしたSQLをペーストして実行する

10)データベースにデータが正常にインポートされた事を確認する

11)VALUE-DOMAINの"取得済みドメイン一覧"から移行対象のドメインのDNSの設定画面を開き、移行先のCORESERVER側のIPアドレスに更新する。IPアドレスはこの辺を参照。

12)CORESERVERのCONTROL PANELから"ドメインウェブ"を開き、XREA側で設定していたドメイン情報を設定する
   ※忘れがちだが、"ドメインメール"の設定もある場合は合わせて行う。
   ※複数のドメインがある場合は、XREA側の"テキスト形式ファイルから一括設定する画面はこちらです。"のリンクをクリックして、表示された情報をコピーして、CORESERVER側の同じリンクをクリックしてペーストすると簡単に設定出来る。
   ※"すべてのドメインでAレコードのチェックを行わない(強制設定)"のチェックをして設定すれば、11の作業にて実施したDNSの設定完了を待たずに強制的に設定出来る。

13)CORESERVER側での反映が確認出来たら、XREA側のCONTROL PANELからドメインウェブの設定を削除する。
   ※忘れがちだが、"ドメインメール"の設定もある場合は合わせて行う。

移行の手順は以上。
 
 
試用期間中に特に問題がなく、正式に移行を行う場合は期間内にCORESERVERの支払を完了させます。

AdMobのGoogleAdMobAdsSdk-4.3.1.jar 入れたら

"You must have AdActivity declared in AndroidManifest.xml with configChanges."

とか怒られまくった。

LogCat見たら、
"The android:configChanges value of the com.google.ads.AdActivity must include screenLayout."
とか
"The android:configChanges value of the com.google.ads.AdActivity must include uiMode."
とか
"The android:configChanges value of the com.google.ads.AdActivity must include screenSize."
とか
"The android:configChanges value of the com.google.ads.AdActivity must include smallestScreenSize."
とかでてる。

言われる通りAndroidManifest.xmlに、

<activity android:name="com.google.ads.AdActivity" android:configChanges="keyboard|keyboardHidden|orientation|screenLayout|uiMode|screenSize|smallestScreenSize"/>

てしてみたら、今度は

"エラー: エラー: String types not allowed (at 'configChanges' with value 'keyboard|keyboardHidden|orientation|screenLayout|uiMode|screenSize|smallestScreenSize')."
って怒られた。(っつーか、なんで"エラー: エラー:"なんだ? 1個でいいだろ。"エラー:"は。)

screenLayout|uiMode|screenSize|smallestScreenSize
は API Level が13以上じゃないとダメらしい。

API Levelは変えたくなかったので、keyboard|keyboardHidden|orientation だけにして、AdMobのSDKをGoogleAdMobAdsSdk-4.1.1.jarにしたらコンパイル通った!


話それますが、今回色々いじっていて気が付いたんだけど、http://code.google.com/intl/ja/mobile/ads/docs/android/banner_xml.htmlにあるように、
com.google.ads.AdViewのタグの定義で"testDevices"に"TEST_EMULATOR"を入れておけば、いちいちソースに

adRequest.addTestDevice(AdRequest.TEST_EMULATOR);

とかしなくてもエミュレータでテストモードになるみたい。

Android 4.0搭載スマホ「GALAXY NEXUS SC-04D」が登場するという事で、久々にeclipseのプラグインたちを更新してみたんだけど、直後からAndroidプロジェクトのmain.xmlが開けなくなった!!

エラーが発生しました。詳細については、エラー・ログを参照してください。
com.android.ide.eclipse.adt.internal.editors.layout.configuration.ConfigurationComposite.getScreenBounds()Lcom/android/ide/common/api/Rect;

いろいろググったら、eclipseをcleanすれば良いらしい。
そおか。cleanなんて忘れてた。

詳しくはこのへん↓↓
http://www.hlplus.jp/php/blog/index.php?UID=1298450960

AndroidのSSHクライアントであるConnectBotを真面目に使ってみようと思ったのだけど、これ記号が入力できないじゃんかと思ったので、ちょっとメモ。

Caps Lockしてみたら、"/"とか"_"とか入力できるようになった。
これでなんとか、出先でも簡単な調査はできるかな。

けどキーボード欲しい。

こんな古いMacだけど、やっぱり捨てるのは惜しいし、でもそのまま使うには、重いからLinuxでも入れようかなということで、Xubuntu入れてみました。

いれたのは、xubuntu-9.04-alternate-powerpc で、インストール自体は偉い時間がかかったり、途中エラーで止まったりしたものの、何度かトライしたら無事インストール完了!

ただ、モニターが800x600以上にできず、表示もなんだか変な感じ。。

そこで、http://d.hatena.ne.jp/sillywalk7/20091101とかhttp://ubuntuforums.org/showthread.php?t=1265921とかを参考に、xorg.confとかを書き換えました。

Section "Device"
Identifier "ATI Rage 128"
Driver "r128"
BusID "PCI:0:16:0"
Option "UseFBDev" "true"
EndSection

Section "Monitor"
Identifier "Configured Monitor"
HorizSync 60-60
VertRefresh 43-117
EndSection

Section "Screen"
Identifier "Default Screen"
Monitor "Configured Monitor"
Device "Configured Video Device"
DefaultDepth 24
SubSection "Display"
Depth 24
Modes "1024x768" "800x600" "640x480"
EndSubSection
EndSection
こんなかんじで。
※失敗すると、なんも見えなくなっちゃうから、他のマシンからsshとかしていじった方が賢明です。

しかしまぁ、ここまでロースペックだと、Xubuntu重いや(汗

Vine Linux 5とかも入れてみたんだけど、X動かしたいなら、Vineの方が全然軽いです。
元々入ってたOSXよりサクサク動きました。

モニターの設定も、わざわざxorg.confとかいじらなくても、ちょっぴり探しますが、GUI上で設定できます。

どうせX目当てじゃないからいいんだけど、OSX重いからと思って入れ替えたのに、結局重かった(涙
けどUbuntuの恩恵に預かりたいのでVineには戻さないのだ。

今更ながら、Windows VistaのVirtualStoreなる物を初めて知りました。

新人君がVistaが入ったNewマシンで遊んでいて、設定を手伝うハメになったわけですが、ワシのマシンで動く設定が、あれやこれやと動かない。

そんでもって調べてみると、設定したはずのファイルが更新されていない!!

これはきっとWindowsが悪さをしているに違いない!!っと思って調べてみると、案の定、VirtualStoreなる仕組みを発見!!

すっかりWindowsから遠ざかっていたので、というか、我が家にもVistaはあるのですが、全く触っていない物で、、今更ながら、新発見でした。(もすぐWindows7が出るというのに。。)

と、いうわけで、新人君。頑張って調べなさい!!ということにしました。(だってワシも知らないんだもん)

ほんとうか!!

本当なら買うぞ!!

http://www.lifehacker.jp/2009/08/lepardmacos_x_snow_leopard3300.html


でも怖いから様子見よう〜。



Pages