このたびプレモノってサイトで「麦焼酎かのか」を貰っちゃいました。

普段焼酎はあまり飲まないから気づかなかったけど、焼酎って普段の食事に合うんだな。うん。

ビールは腹にたまるから、食事がメインの時にはあまり飲まないけど、焼酎だと腹にたまらないから普通に晩飯食べながらチビチビやるのにいい感じ。

今更ながら新しい発見だったな。


★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額105円~容量最大30GB!WordpressやMovable Typeの簡単インストール付★

ビートソニックのLED電球もらえる企画があったんで応募してみました。

もらったLED電球は40Wタイプで、もともと使っていた電球は60Wタイプの蛍光灯電球だったので、比較するには公平ではないですが一応レビューしておきます。

もらったのはこれ。

試した照明器具はこれ。

まずは写真で見てもらったほうが早いと思うので画像アップします。

Beforeその1

IMAG0291.jpg

Afterその1

IMAG0289.jpg

Beforeその2

IMAG0292.jpg

Afterその2

IMAG0293.jpg

BeforeとAfterで写真の色合いとか、撮影距離が変わってしまっているので分かりづらいかもしれませんが、はっきり言ってしまうと暗いですね。

最初に書いたように電球自体の規格も違うので公平ではないですけど。

とはいえ、うちでの用途は飯食うところのスポット的な照明なもんで、それほど強力な明るさは求めておらず、実用には不自由していません。

LED電球の最大の売りである消費電力がこの商品の場合、以前使用していた蛍光灯タイプと比べても半分程度になることもあり、我が家ではとりあえずそのまま使用することになりました。

価格がまだ高額なので、現状の電球を取り替えようとまで思わないものの、使用する用途によっては、照明器具をリプレイスするとか何かのついでなら検討の余地はあるかなといった印象でした。

メーカーサイトの製品の特徴ページをリンクしておきます。

http://www.beatsonic.co.jp/clear-led/tokutyou.php
 
 
 


Android SDK更新したらLogCatで

「ビューを作成できませんでした: com.android.ddmuilib.logcat.LogCatPanel$13.(Lcom/android/ddmuilib/logcat/LogCatPanel;)V」

とか出てちとビビった(汗

グーグル先生に聞いてみたら、Eclipseを再インストールとかしか出てこなくてさらにビビった(汗(汗

ためしにcleanで起動したらあっさり治った。。

グーグル先生もあてにならんな。

XREAからCORESERVERへ乗り換えすべく、ちょっとお試ししてます。

てか、完全に移行終わってあとは支払のみなんだけど。

以前、XREA→XREAで移行してるから同じような感じで行けるだろうという事で試してみました。

CORESERVERはXREAの上位プランなので基本的に同じ要領で行けたんですが、今回は移行するデータベースが複数あったのでちょっぴり手こずりました。

手順としては以下のような感じです。
このへんとか参考にしましたが、複数データベースの移行があってつまずいたので、ワシの手順をまとめました。)
※この手順は、ワシが実施した手順をもとに記述しています。うまくいかなくても保証しません。
 
 
1)CORESERVERの好みのプランを選択して登録

2)XREA側のCONTROL PANELでデータベースを保存してダンプファイルを作成

3)CORESERVERの管理画面にログインして"サーバー間コピー"を実行

4)CORESERVERのトップディレクトリに".servercopy.log"がある事を確認し、最後の方に"COMPLETE"のメッセージが表示されている事を確認

5)CORESERVER側にXREA側にあるデータベースと同じ名前のデータベースを作成

6)CORESERVER側のトップディレクトリにデータベースのダンプファイルがある事を確認

7)CORESERCERの管理画面の"データベース"から、復元するデータベースにチェックを入れて復元を実行
 ※このとき、一つ目のデータベース以外は復元出来ない場合があります。私の場合は復元が出来ませんでした。復元出来ない場合は以下の8、9、10の手順を実施してください。正常に復元出来た場合は11の手順に飛んでください。

8)XREA側でphpMyAdminをインストールしていた場合は、public_html/log/以下にphpMyAdminがコピーされてしまう。CORESERVER側でインストールしてもアクセス出来ない場合はphpMyAdminディレクトリごと一旦削除して、再度phpMyAdminをインストールする。(CORESERVER側でインストールしないと多分アクセス出来ない)
  ※public_html/log/以下に.htpasswdもコピーされてしまっているので、そのまま使用する場合はXREA側でのlogディレクトリのbasic認証パスワードになる。CORESERCER側の本来のパスワードを使用したい場合は.htpasswdを編集して修正する。(そもそも手順3の時にpublic_html/logディレクトリをコピーしなければこの作業は要らない)
  ※ちなみに"ページ入室の際はログ閲覧画面の認証パスワード"に記載されているユーザー名とパスワードはbasic認証の情報であり、phpMyAdminのID、パスワードはデータベースの設定と同一の物になる。(2重にログインするのでややこしい)

9)XREA側のphpMyAdminから移行するデータベースのテーブルをエクスポートし、CORESERVER側のphpMyAdminにログインして、インポートするデータベースを選択し、SQLタブを選び、エクスポートしたSQLをペーストして実行する

10)データベースにデータが正常にインポートされた事を確認する

11)VALUE-DOMAINの"取得済みドメイン一覧"から移行対象のドメインのDNSの設定画面を開き、移行先のCORESERVER側のIPアドレスに更新する。IPアドレスはこの辺を参照。

12)CORESERVERのCONTROL PANELから"ドメインウェブ"を開き、XREA側で設定していたドメイン情報を設定する
   ※忘れがちだが、"ドメインメール"の設定もある場合は合わせて行う。
   ※複数のドメインがある場合は、XREA側の"テキスト形式ファイルから一括設定する画面はこちらです。"のリンクをクリックして、表示された情報をコピーして、CORESERVER側の同じリンクをクリックしてペーストすると簡単に設定出来る。
   ※"すべてのドメインでAレコードのチェックを行わない(強制設定)"のチェックをして設定すれば、11の作業にて実施したDNSの設定完了を待たずに強制的に設定出来る。

13)CORESERVER側での反映が確認出来たら、XREA側のCONTROL PANELからドメインウェブの設定を削除する。
   ※忘れがちだが、"ドメインメール"の設定もある場合は合わせて行う。

移行の手順は以上。
 
 
試用期間中に特に問題がなく、正式に移行を行う場合は期間内にCORESERVERの支払を完了させます。

AdMobのGoogleAdMobAdsSdk-4.3.1.jar 入れたら

"You must have AdActivity declared in AndroidManifest.xml with configChanges."

とか怒られまくった。

LogCat見たら、
"The android:configChanges value of the com.google.ads.AdActivity must include screenLayout."
とか
"The android:configChanges value of the com.google.ads.AdActivity must include uiMode."
とか
"The android:configChanges value of the com.google.ads.AdActivity must include screenSize."
とか
"The android:configChanges value of the com.google.ads.AdActivity must include smallestScreenSize."
とかでてる。

言われる通りAndroidManifest.xmlに、

<activity android:name="com.google.ads.AdActivity" android:configChanges="keyboard|keyboardHidden|orientation|screenLayout|uiMode|screenSize|smallestScreenSize"/>

てしてみたら、今度は

"エラー: エラー: String types not allowed (at 'configChanges' with value 'keyboard|keyboardHidden|orientation|screenLayout|uiMode|screenSize|smallestScreenSize')."
って怒られた。(っつーか、なんで"エラー: エラー:"なんだ? 1個でいいだろ。"エラー:"は。)

screenLayout|uiMode|screenSize|smallestScreenSize
は API Level が13以上じゃないとダメらしい。

API Levelは変えたくなかったので、keyboard|keyboardHidden|orientation だけにして、AdMobのSDKをGoogleAdMobAdsSdk-4.1.1.jarにしたらコンパイル通った!


話それますが、今回色々いじっていて気が付いたんだけど、http://code.google.com/intl/ja/mobile/ads/docs/android/banner_xml.htmlにあるように、
com.google.ads.AdViewのタグの定義で"testDevices"に"TEST_EMULATOR"を入れておけば、いちいちソースに

adRequest.addTestDevice(AdRequest.TEST_EMULATOR);

とかしなくてもエミュレータでテストモードになるみたい。

Android 4.0搭載スマホ「GALAXY NEXUS SC-04D」が登場するという事で、久々にeclipseのプラグインたちを更新してみたんだけど、直後からAndroidプロジェクトのmain.xmlが開けなくなった!!

エラーが発生しました。詳細については、エラー・ログを参照してください。
com.android.ide.eclipse.adt.internal.editors.layout.configuration.ConfigurationComposite.getScreenBounds()Lcom/android/ide/common/api/Rect;

いろいろググったら、eclipseをcleanすれば良いらしい。
そおか。cleanなんて忘れてた。

詳しくはこのへん↓↓
http://www.hlplus.jp/php/blog/index.php?UID=1298450960

夏休みは子供が風邪ひいてどこへも行けなかったので、ノーザンホースパークへ行ってきた。
見どころとかあれやこれや書こうと思ったけど、あまり書けるネタが無い。

書けることといえば、ここは何をするにもお金がかかる。しかも高い。

観光引き馬は900円もする。
節約しようと、子供と一緒に乗ろうとしたら断られた。
身長90センチ以上は1人なんだと。
子供もパパと乗る気満々だったから悲しい顔してた。

引き馬に乗ると途中で写真撮影があるが、その写真は1000円も取る。
引き馬で900円も取るなら写真代込みにしてほしいところだ。

そして観光馬車は短い距離をくるっと回るだけなのに大人500円と子供300円。我が家の場合一家で乗れば1300円。

子供を連れて遊びに行っても、馬に乗った後はすることが無い。馬見放題だけど。
何度も引き馬に乗るという手もあるけど1回900円もするんじゃぁ、そう何度も乗れない。

他には、何とかガーデンって草花が植えてあるエリアがある。
ここはガーデン好きには良いかも。
妻はここがメインでも良いくらいの様子だった。
確かにここは見どころの一つではあるが、子供が興味を示すかというと必ずしもそうとは限らない。
昨年来たときは、あちこち走り回っていたけれど、
今年はそれほど興味を示さず、パパと一緒に一足先に切り上げた。

ここのガーデンはレンタルの自転車に乗ってゆっくり見たいところだけどレンタル時間が短すぎる。
たったの1時間だ。
しかも落とし穴があって、おもしろ自転車なるものをレンタルすると、そちらは30分なのだ。

そんな事とは露知らず、おもしろ自転車の方が楽しそうだとレンタルしたらパーク内をざっくり半周したら時間オーバーしてしまった。
30分って、、短すぎだろ。

2~3時間レンタルできれば、何とかガーデンをそれなりに見れそうだし、この施設の魅力が随分良くなると思うのだけど。

そしてダメ出しがレストラン。

昨年までは値段こそボッタクリなものの、まぁまぁ満足できた記憶があるのだが、
今年からバイキング形式になったようで、酷いものだった。
バイキングって言っても選びようのないというか、コンビニ弁当の方がよっぽどマシなパスタやチャーハンなどが置いてあるだけ。
それでいて値段はボッタクリのまま。

別のレストランでバーベキューもあるんだけど、そちらもバイキングになったとの事。
しかもワシが行った日は貸切で入れず。ほんとはそっちに行きたかった。
週末に貸切するなよ。
(でもバイキングじゃぁ期待できないか)

ほんとはもうちょっと楽しめると思ったんだけど、目当ての一つだったバーベキューも入れなかった事もあり、
なんだか期待はずれな週末だったのだ。残念。

でも子供はお土産屋さんで大きなお馬さんのぬいぐるみをGETして満足そうだった。よかった。

我が家は「一条工務店」というハウスメーカーの「i-cube」という商品で建てました。

そのうち書こうと思って築2年経過してしまいました。。

契約当時はまだ、新商品のモニター的な扱いで、ちゃんとしたカタログもなくホームページにも載っていませんでした。
もうすぐ「i-smart」って新商品が出るらしいですが、それも暫くは同じような販売方法で行くのでしょうか。

なぜこのハウスメーカーにしたかというと、北海道マイホームセンターに行った際にたまたま入ったというか、他のハウスメーカーの展示商品をある程度見て、そろそろ帰ろうかと思っていたところに、端っこにあったのが目に入ったのでついでに入ってみるか的な流れで入ったのが事の始まりでした。

正直最初は名前も聞いたことなかったし、工務店て言うくらいだからその辺の工務店に毛が生えた程度の会社かなと思っていたのですが、中に入ると、営業マンの人が、懇切丁寧に自社はどんな会社かということや、自社の商品はどんなことにこだわってますってな事を色々説明してくれました。

でもその時点では、ぶっちゃけデザインが古臭くて、ワシらの親世代が建てたような数十年前の雰囲気を感じて、ここは無いなと思ってました。
耐震や免震にこだわっていて、地盤調査や家の構造に関しては一番惚れたんですけどね。
それと、巡った中で一番細かいことを聞きやすい営業さんだと思いました。

家に帰ってから今後の方針を決めるにあたって、ローンの種類や、地鎮祭や上棟式ってやらなきゃいけないのか等、知りたいことが色々あったので、一番話を聞きやすかった一条の営業さんにメールで質問を投げることにしました。
すると、当然といえば当然なのですが、会って話がしたいという流れになって家に来てもらうことになりました。

もらったカタログではあまり選択肢が無くて、デザインもちょっと古臭いみたいな話を正直にしたところ、実は「i-cube」なる新商品があるとのお話。
ちゃんとしたカタログはなく、簡単なパンフレットみたいな物を見せてもらいました。

北欧風のオシャレな感じといはいきませんでしたが、結構無難なというか、私的には全然悪くないじゃないという雰囲気の家でした。

話を聞くと、機密断熱性能が従来の商品に比べて優れているうえにコストもこちらの方がお安いとのお話。
オール電化で全館床暖で機密性に優れているから光熱費も安く済みますとの事。

しかし、、料理をするワシはIHって炒め物に向いてないし、そもそもオール電化って電気が止まったら何もできないからインフラはできれば1つにしたくないと思っていたので、ちょっぴりネックに。

当時ワシは無職でしたので(無職で家探すってどうなのと突っ込まないでくださいね)しばらくヒマヒマ状態。
そんな話をすると、じゃぁ時間のあるうちに体験宿泊しませんかという事に。

体験宿泊でIHで炒め物してやる!
っということで、体験宿泊することになりました。

当時の記事はこちらを参照。

そんなわけで、IHに関してはおおいに不満だったわけですが、家そのものは何というかすごいしっかりしているというか、これが木造かというくらいの重厚感で外の音もほとんど聞こえず、夜にホームシアターしたんですが、その音は外に漏れず、家全体がポカポカな感じで、この家の構造は素晴らしいという事は感じ取れました。

すっかりこの家の構造にほれ込んでしまったワシですが、妻はスウェーデンハウスに住むんだと言います。
うちの奥さんは北欧派なのです。

というわけで、ヒマヒマな間に北欧な感じや、もうちょっとコストが安いメーカーはないかなど更に探してみることに。

正直なところデザインで比較してしまうと、特に当時の一条は勝ち目無し。
ただ、北欧風って構造も重視して選択肢を考えると結構コストが高いんですよね。

北欧風は別格として、外観的にはi-cubeなら他のメーカーの商品と比較しても悪くないと思うのですが、内装がやっぱり所どころ古臭いんですよね。一条って。
いまのi-cubeはホームページを見る限りだいぶ良くなったみたいで、結構今風な感じでちょっと羨ましいです。

それと他のハウスメーカーだと、ここにこんな物作ってとか特注的な大工仕事を頼めるのですが、一条の場合もちろんできるのですが、標準仕様ではないのでコストが上がってしまうのです。

一条のメリットは、食洗機やら全館床暖やらキッチンやら収納やら、全部標準仕様で坪単価にコミコミなんです。
だから、他のメーカーでコストを抑えるために食洗機外したりとか検討しなければいけないところが、一条の場合は標準仕様の範囲で全部つけられるのです。
(逆に言うと標準仕様を外しても坪単価が下がらないので、そういった意味では安くないかもしれませんが。)

その代り(ここが重要)標準仕様って選択肢が少ないんです。
いまのi-cubeは今風のも選べるみたいですが、ワシが建てた当時は古臭い雰囲気のものしか選べなくてですね。
しかも上記で書いたような大工仕事的なものは標準仕様に入ってないので、たとえばキッチンに食器棚兼用の大きな収納を作って、そこにオシャレな引き戸をつけたいなんて要望をすると、標準仕様じゃないんで、標準の収納をつけるよりコストが上がってしまうんです。

そのあたりが一条を選択するにあたってかなりネックになりました。

結局、北欧風やら標準仕様やらで散々もめた挙句、構造に惚れ込んでしまったワシが内装はオシャレな家具を買えばいいさという事で押し切りました。

そうして我が家は建築されることになりまして(かなり端折りましたが)、冒頭書いたように、築2年になり、この度ようやく表札つけました。(遅っ)

実際住んでみて、冬場の暖かさはとても快適です。
アパート時代はお風呂が死ぬほど寒く、毎日勇気を振り絞って裸になってましたが、今の家では勇気はいらなくなりました。

とはいえ、節電のため床暖のスイッチをしばらく止めると、床暖ってのはすぐに温まらないもんでとても寒いです。
日中誰もいない時間帯完全にストップしてしまうと、帰ってきてスイッチ入れてもポカポカになるのは寝るころです。
スイッチはタイマーで入り切りできるんですが、入り時間を何時に設定しておくかってのが、まだ試行錯誤中です。
ワシは冬場でも家ではパンツとTシャツで過ごしたい派の会長なので、設定間違えると凍えます。

オール電化のコストですが、我が家はアパート時代より確実に下がってます。

アパート時代は都市ガス+電気で平均2万円台前半でしたが、現在は冬の暖房を除いた状態で平均1万3千円~1万9千円くらいです。
家が大きくなったことや子供が成長していることを考えると、アパート時代よりもコストパフォーマンスは相当いいと思います。

ちなみに冬の暖房代は、アパート時代は灯油で平均7千円弱でしたが、今は一番寒い時期の平均で1万9千円くらいです。
こちらのコストは結構上がってますが、一軒家の灯油代を他の人に聞くと1万数千円の家庭が多いようなので、Tシャツで過ごせるくらいガンガンに使ってこれ位なら悪くないかなと思ってます。

長々と書いてしまいましたが、最近のi-cubeは内装も良くなってきているみたいなんで、注文住宅を検討している人は候補に加えてみるのも良いんじゃないかとお勧めしておきます。



Pages